よくあるお悩み
よくあるお悩み
Q1脱臼、骨折、ヘルニアなどの危険を解消できますか?
 元気な子ほど一般的なフローリングでは滑ってしまうもの。見ている側からは可愛らしくも見えますが、ペットにとってはストレスや怪我の原因になってしまう大変可哀想な問題です。思うように走れないストレスによって皮膚炎、膀胱炎、胃腸炎になることもありますし、股関節脱臼や骨折、椎間板ヘルニア、さらには股関節形成不全やレッグ・ペルテス病になってしまう可能性もあります。
『ペットコーティング』はそんな関節病の予防、足腰の負担軽減のために開発されました。 床が滑りにくくなることで、危険を軽減してあなたの家族を大切に守ってくれます。
Q2ほかのコーティングとは何がちがうのですか?
 ペット用のコーティングとして、UVコーティングをお勧めすることが多いかと思います。これはUV照射でコーティング剤を堅めるもので、高度は強い反面、日々の生活の中で付着する皮脂などで滑りやすくなってしまいます。その為、私たちはUVコーティングを推奨はしておりません。
サービングのペットコーティングは、独自開発した特殊のコーティング剤を使用して、耐久性は高いまま弾力性を付加し、ペットが爪をたてなくても歩きやすいコーティング加工を行います。
ペットの負担も少なく、ペットも飼い主もみんなが快適に暮らせるペットコーティングです。
Q3日々のお手入れをもっと簡単にできませんか?
 いくら可愛い存在でも日々のお掃除やお手入れは大変ですね。
毎日綺麗にお掃除していても、ペットが元気に遊んでいるとどうしても汚れてしまいます。その為、散歩の後の汚れや日々の粗相、落ちにくい汚れがついてしまう時もあります。
しかし、ペットを飼う上でほとんどの方が悩まれているこの問題に対して私たちはしっかり対応したいと考えました。「ペットコーティング」は、高い防水性と耐薬品性によりお湯やアルコールでもフロアーを傷めることなくお掃除ができ、ペットが汚してしまったり粗相してしまった時でも、さっとひと拭きすれば簡単に綺麗になるように機能が付与されています。
Q4キズや汚れのついたフローリングでも施工できますか?
 爪の引っかき傷や汚れなど、ペットを飼う上で多少は仕方がないと覚悟するもの。でも意外と飼ってみて、こんなに傷がつくものなんだと思ったことはありませんか?時には引っかき、時には粗相をし、時にはご飯をこぼし・・・。長く付き合えば付き合うほど予想以上に傷やシミ、汚れなどが目立ってきます。しかしそれは仕方がないことだと諦めている方も少なくありません。
そこでペットコーティングは独自の技術「レストア工法」を行う事で、キズ・汚れをはじめカビ・シミ・天板の剥離など、フローリングをキレイに再生してからコーティングをします。ひどいキズや汚れでもあきらめず一度ご相談ください。
Q5舐める恐れのある床にコーティングをして大丈夫ですか?
 毎日接しているフローリングの場合、日々のお手入れをしている為、ペットが床に落ちた食べ物や飲み物を赤ちゃんや小さなお子様が間違って舐めてもそれほど心配ではありません。 しかし、そのフローリングにコーティングを施すとなると、舐めてしまった時が心配と考えられるかもしれません。
私たちはそんなお悩みにも対応すべく、施工に使用するコート剤にもこだわりました。 食品衛生法などの規格基準コート剤にもこだわりました。 食品衛生法などの規格基準にも適合し、ホルムアルデヒド等級においては最も安全性の高い「F☆☆☆☆」を取得したコート剤を使用しています。
Q6タイルにも施工することはできますか?
玄関やポーチにマーキングのシミ。石材だからとあきらめていませんか?
「ペットコーティング」の特殊コーティングはフローリングだけでなく、石材やタイルなど様々な場所と基材に対応できます。外からの汚れを持ち込みやすい玄関ポーチも石材専用の特殊コーティングをすることでお手入れがぐんと楽に、いつまでもキレイなタイルを維持できます。
ページトップへ戻る